埼玉の地域でも多く生産される白菜

埼玉で作られる白菜は、甘味が非常に豊かなもので、冬の時期には美味しさが倍増するものです。もともとは中国野菜なのですが、近代化以降には埼玉にも導入されることになり、今では県の広い範囲で栽培されています。代表的な産地は、荒川と利根川沿いの沖積地をはじめとして、櫛引台地も有する深谷市です。深谷ではネギが有名ですが、白菜についても優良な品質で知られています。

 

利根川沿いの地域では、冬場には北からの冷たい風が吹くことで、野菜の甘さも増してきます。本庄から加須の地域に至るまで、利根川右岸の沖積低地で育てられる白菜は、厳しい自然環境の中で美味しさを増大させているわけです。埼玉で作られた白菜は、東京を中心とする消費地に向けて出荷されます。さらに、地元の農産物直売所では、冬になればネギと一緒に白菜が売られるようになります。

 

埼玉の農家では、冬には白菜の葉を丸くするために、紐で結ぶ作業を行います。このような手間のかかる作業を経て、消費者の元へと運ばれることになります。