川越の鉄道

埼玉県内は鉄道が網羅されているためアクセスしやすい街として知られています。川越市にも鉄道が通っています。川越駅を中心に、JR・東武鉄道・西武鉄道の各線が通っています。東武池袋線に乗車すれば、乗換なしで池袋まで、西部新宿線に乗車すれば乗換なしで新宿まで到着します。西武線は所沢乗り換えで池袋へ向かうことができますのでアクセスのしやすさ・利便性が高いですね。

 

JR川越線は大宮方面へ向かう方に重宝されています。かつて、川越電気鉄道と呼ばれる川越久保町駅と大宮駅間を結んでいた鉄道路線がありましたが、今では敗戦となっています。また砂利採取事業を埼玉県を上げて行われていた時には埼玉県営鉄道と呼ばれる東武東上線から入間川までの路線もありました。川砂利の枯渇が懸念されたため、こちらの路線は1957年に廃線となっています。川越では、市の北部に鉄道がないため多少不便なところがありますが、路線バスも充実しているため通勤や通学に支障がないという方がほとんどです。

 

川越市のほぼ中心部にJR・東武線の川越駅・西武線の本川越駅があります。二つの駅は直結していませんが、徒歩で移動することができる圏内にありますので、乗り継ぎ等で多方面へ出向くことが可能です。川越から東京都区内へ通勤・通学することもあるようです。多少遠いという感覚は残りますが、土地代等を考えると川越から通勤する方が安く上がるということもあるようです。鉄道だけではなく国道や高速道路のインターチェンジもあります。車通勤をされている方などにも利便性が高い街です。